ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2018.10.30 19:50ゴー宣道場

レベルの高さを見せつけよう!京都ゴー宣道場応募締め切りは明日!

「京都ゴー宣道場への道のり」という動画が上がっているから、京都で初めてとなるゴー宣道場実現までに、どんな過程や紆余曲折があったのかという話をしているのかと思ったら…、文字通りの、道案内かい!
まあ、私、方向音痴なんでありがたいですけれども。

さあ、その京都ゴー宣道場参加応募締め切りは明日いっぱいです!
いつもの会場より広いそうですから、まだチャンスあります!

さて、10月24日の朝日新聞で、『ゴー宣』は慰安婦問題の時、「読者参加型」で議論を展開し、そこには歴史の「専門家」はおらず、「真実」よりも「主観」が優先されたなどという、誹謗中傷デマを飛ばした自称社会学者の倉橋耕平は、その日のうちによしりん先生のブログで痛烈に批判されたにもかかわらず、それから1週間、ツイッターでも一切これに言及せず、ダンマリを通しています。

予想に反して、相当のヘタレのようです。

その代わりというか、ツイッター上では左右のアンチ連中が倉橋を応援して、「小林はたかが漫画家じゃないか!」とか騒ぎまくっています。

倉橋は、このような「読者参加型」で専門家でもなんでもない素人が口をはさんでくること自体を否定し、馬鹿にしていたのであり、ツイッターなんかで倉橋に味方しているアンチも、実は倉橋が馬鹿にしている対象に他ならないのですが、かわいそうにアンチさんたちはそのことに気が付いてもいないようです。
そもそも、朝日の倉橋の記事自体を読んでもいないのでしょうけど。
なにしろ日本史上最悪の低知能集団ですからね。

さあ、ゴー宣道場に集う読者は、こんな連中や左翼村の自称社会学者とは遥かに次元が違うのだということを見せつけてやりましょう!

テーマは「『戦争論』以後の日本と憲法9条」
締切は、明日10月31日いっぱい!!

トッキー

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ