ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.12.30 11:30

宮脇咲良は例え運営が推してても可愛い。

運営に洗脳されるのはすごくイヤだ。
なのにやっぱり運営が強引に推してくるメンバーは
特別に輝くような気がする。

レコード大賞で宮脇咲良を見て、一切汚れのない正統派の
清純キラキラ感が半端ないなと思った。
子供の咲良たんの印象が強かったから、いきなりまゆゆより
身長が伸びてしまうと、寂しいような戸惑いがあった。

娘を持つ父親って、たった数年で成長してしまう娘、
いずれ男と恋愛する娘、そのうち結婚する娘を見ていて、
よく平静でおれるものだ。
わしなら飲んだくれちゃうよ。

先日テレビ局で宮脇咲良と少し立ち話したら、
じわじわっと「やっぱり咲良たんだ!」と懐かしい
可愛さが蘇った。

この子はAKBでファンに育てられ、運営にも強く推され、
いわば純粋培養された王道のアイドルだ。
渡辺麻友の後継者は宮脇咲良なのかもしれない。
断定はあえて避けたい。
なぜなら、兒玉遥だって、田島芽瑠だって、小嶋真子だって、
王道を歩む資格を持つ素材だからだ。

運営が推すメンバーを、わしが応援したってしょうがないと
思うのだが、テレビで、客観的に、ヲタでない一般人目線で
見ると、やっぱり輝いてるから仕方がない。

しかし、まゆゆセンター「ラブラドール・レトリバー」は
最高だな。
今日のダンスは特に可愛かった。
珠理奈の髪型が良かった。渋谷凪咲の可愛さ、炸裂。
ゆきりん、化粧・髪型に気合入ってた。
はるっぴ、ばっちり映ったぞ。
まゆゆは「女王」の称号がふさわしい。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ