ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.1.3 02:07

少子化は機運で解決できる問題じゃない!


産経新聞が社説で「少子化問題」を語り、

「国民の機運高める年に」したいそうだ。

ふううん。

「国難」と捉えているらしい。

わしもそう思うよ。

 

そしてこう書いている。

「希望はある。国民の多くが結婚し、子供が欲しいと

考えていることだ。」

ここでわしは爆笑したね。

 

その通りだとも!

国民の多くが結婚して、子供を育てる平凡な家庭が

作れたらと願っているのだ。

それが出来ないのは何故なのか?

 

「機運高める」と言ったって、「よっしゃあ!結婚

したるぞ――!子供産んだるぞ――!」と気合い
入れて
叫んでも、今や非正規社員が4割ですぜ。

中間層が崩壊して、貧困層がどんどん拡大していて、

年収200万がザラですよ。

 

男は誰だっていいから結婚してほしいけど、

女は誰だって安定した高収入の男を求めるものだ。

子供を産み育てられない収入しかなくて、
格段の尊敬心も持てなくて、女に対する
優しさも
ない男なんかと、結婚できるわけがない。

 

それでうまくいかず離婚したら、忽ち貧困層に

落ちたシングルマザーになって、

子供を虐待するしかなくなるのだから、

そんな不幸を呼ぶ結婚なんか、むしろするなと

忠告したい。

 

グローバリズムとアベノミクスこそが、

少子化促進政策なのに、皇統の男系固執を主張する

男尊女卑の産経新聞が、「子供育てる喜びの再確認を」

なんて言ったって、初笑いのつもりかと

呆れるしかないな。

本当に、根っからの馬鹿だね。

 

少子化は結局、経済問題なんだ。

富裕層だけ儲かって、中間層を破壊する政策を

続ける限り、結婚したくても出来ないんだよ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ