ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.1.8 00:42ゴー宣道場

「『新戦争論1』と戦後70年


次回「ゴー宣道場」(28日開催)のテーマを

「『新戦争論1』と朝日新聞の慰安婦報道」としていたが、

変更しようと思う。

「『新戦争論1』と戦後70年」としたい。

朝日新聞の慰安婦報道もこの中に括って、

議論の俎上に載せる。

 

『新戦争論1』はまだ発売されてないから、師範方が

ブログで書けない。

だが発売されたら、日本の戦争に関する議論では、

無視できないものになるので、テーマに入れる。

 

「朝日新聞の慰安婦報道」だが、これも緻密な読み方

を強いられるから、師範方がブログで書くのが億劫に

なるだろう。

 

そこで「戦後70年」という大枠をテーマにすれば、

師範方も書けるはずだ。

 

天皇陛下が年頭に当たっての感想で、

この機会に満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に

学び、今後の日本のあり方を考えていくことが、

今、極めて大切なことだと思っています」と仰っている。

このメッセージを受け止めよう。

 

「ゴー宣道場」の応募〆切が128日(水曜)に

迫っている。

あと3週間を切った。

そろそろ師範方は、募集を兼ねたブログを書き始めて

ほしい。

師範方が積極的に議論を喚起しなければ、

みんな忙しくて〆切にも気づかない。

 

戦後70年をどう思うか?

何を日本人は考えるべきか?

大いに議論しよう。

読者諸君も何を議論したいか、意見を聞かせてほしい。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ