ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.1.13 14:03

フランスの新聞の侮辱画は「表現の自由」に値しない


フランスの三流新聞「シャルリーエブド」が、公共の必要性

もなく、ただイスラム教を侮蔑する漫画を描いた。

いつもムハンマドを侮辱する画を描くから、イスラム教の信者

にとっては、それは腹が立っていただろう。

風刺画と侮辱画は違う。

あの新聞の画は侮辱画である。

過激派のテロには批判的でも、だからといって、イスラム教徒

がムハンマドの侮辱画を容認しているはずがない。

 

ようするにこの「シャルリーエブド」という新聞は、

イスラム教徒に対して「ヘイトスピーチ」をしていたような

ものなのだ。

日本でいえば「在特会」や「ネトウヨ」のようなもので、

「言論の自由」なんか掲げてもチャンチャラ可笑しい。

 

「表現・言論の自由」は「公共の福祉に反しない限り」に

おいて認められるもので、イスラム教を侮辱する自由なんて

あるはずない。

 

フランスでの大規模な抗議デモを見て、さすが「言論の自由」

の国だとか、日本と同じ価値観などと言う新聞や識者は、

幼稚な人種だ。

革命のための理念である「自由・平等・同胞愛」が宗教と

なってしまった国で、理念を脅かすテロが起きると、理念が

原理主義になってしまう危険性がある。

 

「言論の自由」は絶対ではない。

あの新聞の侮辱画は、多くの犠牲者を出してまで表現する

必要性が、そもそもなかったのである。

 

(この件、今週の『小林よしのりライジング』でも論じている)

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ