ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2015.1.18 00:00その他ニュース

アイヌ問題に関する読者コメント〈 2 〉

1月16日にご紹介したコメント
書かれた読者の方のご意見を
もう1通ご紹介します!


東北も北海道を笑えないんです。
東北地方の経略に手を染めたのは時の統治者は
桓武帝です。
桓武帝は平安遷都を行った歴史的偉業を残した帝ですが、
極端に怨霊を恐れたことで有名な人物です。
人を死罪にすると怨霊と化すので、
死刑をためらうほど時代は怨霊をおそれています。
それは源平争乱まで続く意識です。
そんな時代によりによって蝦夷征伐が行われたのです。
平安時代初期にあっては、東北の蝦夷(えみし)は
人ではなく“禽獣”が如きものだから、
「殺しても祟らない」という差別意識があったんでしょうね。
本当の人種差別とは
「人を人と見ないということではない」ことではないでしょうか?
その後、東北人はちょっと昇格します。
「俘囚」という奴隷扱いになります。
「律令」の外なので、まだ正式な「人間」扱いでは
ないのですが、ようやく奴隷になれました。
その後、安倍氏と清和源氏の抗争と
源頼朝の奥州征伐を経て、鎌倉時代に
奥州は御家人の所領となったことで完全に同化・混血
していきます。
今でもですが東北差別はあります。
1988年2月28日のJNN報道特集で
首都機能移転の話になった時、
当時のサントリーの社長佐治敬三氏が
「仙台遷都などアホなことを考えてる人がおるそうやけど、(中略)
東北は熊襲の産地。文化的程度も極めて低い」
と極めて質の悪い差別発言をおこない問題になりました。
因みに東北に住んでいたのは「熊襲」ではなく「蝦夷」ですが…。
当然「サントリー不買運動」が東北各地で起こりました。
我々東北人は差別されたら差別した者に
着々と報復します(笑)
迫害された、差別されたと
いつまでも泣き落としなどしません。
だって誇り高き東北系日本人だから。
トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ