ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2015.1.23 14:00

小林よしのり氏の最新作『新戦争論1』読了

小林よしのりさんから『新戦争論1』(幻冬舎)を送って頂いた。

他にやらねばならないことがあるのに、一気に読了してしまった。

恐らく「読者」としては、最も早く読み終えた1人だろう。

尤も、作者の小林さんご本人が、
ブログで読者より先に読了したと自慢しておられた。

あれは一種の反則か。

とにかく、まず刊行のタイミングに驚く。

イスラム国」登場の背景が、思いも寄らぬ視点から、
説得的に解明されているからだ。

それがそのまま、イラク戦争とそれへの日本の参画を擁護し、
讚美した知識人への根本的な批判に直結する。

しかもイラク戦争当時、
恐るべき先見の明を発揮された小林さんが、
戦慄すべき予言をされていて、
早くもそれが的中しつつあるように見える。

沖縄戦を巡る史実を取り上げた
「国民の手本、少女学徒隊」
の章は、涙なくして読めない。

この章を読むためだけにでも、本書を求める価値は十分あるだろう。

20世紀の女性の人権侵害とは『性奴隷』である」
日韓基本条約に立ち返れ」の章も出色。

慰安婦問題と誰より早く、
リスク覚悟で対決してこられた小林氏でなければ描けない内容。

日本人の伝統的な性意識とキリスト教的な倫理観との相違にまで
を届かせながら、国際社会で慰安婦問題を扱う困難さを
熟知した上で、
それを突破する殆ど唯一のロジックを提示されている。

最終章「葛藤の果て『ひょん』と死ぬる」の余韻は実に深い。

この1本で、多様かつ痛烈なメッセージを包含する本書が、
見事に完結する。

まさに現代の日本人に当事者意識と覚悟を問う渾身の問題作。

2』が楽しみだ。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ