ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.1.27 03:36

安倍首相は「中庸」ではない


イスラム国の人質に対する安倍政権の対応を、評価する

世論の方が多いらしい。

それはわからなくもない。

2人の人質に対してあまり同情しないからだろう。

 

1人は武器マニアが商売で行っただけであり、

もう1人はプロのジャーナリストである。

戦場ジャーナリストは人質にならなくても死ぬ確率は高い。

「自己責任」という言葉は、今回は使用しても

間違っていない。

 

かつてイラク戦争時に人質になった3人の場合は違う。

イラク戦争は米国の侵略戦争だったのであり、イラクの

子供たちの人道支援をボランティアでやっていた女性が

捕まっていた。

あれは侵略戦争を支持した日本に落ち度があり、

人質事件は完全に「想定外」の事態だった。

今回の場合は「想定内」過ぎる。

 

ジャーナリストの母親が起死回生の同情心を湧き起こす

かと思ったら、残念ながらスピーチがヘタだった。

原発の話は関係ない。

息子に助かってほしいという切迫感があれば、

あんな席で原発の話なんかしない。

同情心を巻き起こす世論形成に失敗したのだ。

 

だからと言って、このたびの安倍政権の対応は万全だった

かというと、それは違う。

国民は安倍首相のミスに気付いていない。

イスラエルで対テロ戦争のための支援をスピーチすれば、

それはイスラム国への挑戦と受け止められても仕方がない。

過激派のテロに対して批判的なイスラム教徒でさえ、

米国・イスラエルの側に明確に立った安倍首相には失望を

覚えるだろう。

 

「対テロ戦争」「テロとの戦い」なんて言葉を普遍的真理の

ように思い込んでると、外交的に取り返しのつかない

大失敗をやらかすことになる。

 

日本は西欧の価値観からも、イスラムの価値観からも、

「中庸」でなければならないのだ。

安倍首相は「中庸」の言葉が好きらしいが、残念ながら

言動が全然「中庸」になってない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ