ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.2.2 00:04

メディアの作る感情を疑え


今日も朝から後藤さんが殺される直前の映像がテレビで

流れている。

黒覆面のテロリストがナイフを振りかざして日本人を

脅している。

その映像ばかりが昨日から流れている。

 

子供たちもあんな残酷な映像を見て育つのだから、

「人を殺してみたかった」という女子学生まで現れて

しまうのも無理はない。

何の理由もなく人を殺してみる日本人の女性の方が

よっぽど残酷なはずだが、その映像は全く流れない。

 

戦場ジャーナリストが殺されたことに、本気で同情

しているのかわからないが、武器マニアが殺された

ことには同情していないようだ。

顔がいいか悪いかの差ではないか?

 

戦場ジャーナリストが殺されるのは、ベトナム戦争の

頃から普通にあったのに、今回は世界中の首脳が非難

しているが、どういう風の吹き回しだ?

 

残虐というなら、北朝鮮では今も冷酷無比、残虐の限り

の蛮行が繰り広げられているし、収容所からの解放を

願う人々もいようし、日本の拉致家族も帰って来ないが、

世界は北朝鮮をぶっ潰してくれない。

チベット・ウイグルも同様だ。

 

情報はいつも偏っているし、人々の関心はいつも

集中的で、そして一時的で、消費したら次に移る。

もっと揺るがない思考の核になる世界観を身につけた

方がいいのではないか?

 

『新戦争論1』は、わしの漫画の技法が向上したために、

一見してわかりやすく、楽に読めるかもしれないが、

読後は複雑な感情が湧いてくるようになっているはずだ。

それは「劣化した感情」を豊かにさせるための仕掛けを

組み込んでいるからである。

 

情報だけで、単純な感情を増幅するメディアは、

敵か味方か、善か悪か、の「劣化した感情」を育む

だけで、それが劣化したナショナリズムに結びつく

から、実にくだらないし、危険である。

 

わしが、右にも、左にも、見たくない真実を提起

すれば、目を背ける者の方が多いだろうが、

顰蹙を買ってでも、一定割合の本物の確信犯を育てる

ことが、日本を救う糧になると、わしは信じている。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ