ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2015.2.4 06:52新刊情報

ピケティよりも『新戦争論1』!

文教堂書店の
週間ベストセラーランキング
「ビジネス書」部門で
『新戦争論1』が第1位!

よしりん先生は
「ピケティに勝った!」
と言ってます。

今日はツイッターから
ご感想を紹介します!


「新戦争論1」
イラク戦争~イスラム国、靖国神社、慰安婦、
英霊の逸話、自称保守や嫌韓の真髄まで、
ゴー宣のエッセンスが詰まった、
わかりやすく読みやすい本でした。
よしりん先生は昔から全くぶれていない!!
 次回では安倍政権による数々の悪行にも
傲慢かまして欲しいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「そろそろ戦争(やり)たいんじゃないか?」
(新戦争論、コヴァ or よしりん)、
なるほどありゃあガチのアーティストである、
と先日思いました。あの画力は異常すぎる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『新戦争論1』を買った。
イスラム国は、アメリカが9.11テロの勢いで
イラク戦争を仕掛けたことにより生まれた。まさに正論! 
今の日本の状況を深く考えるきっかけになる一冊です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小林よしのり新戦争論を読んだ。
ゴー宣読んだの10年ぶりくらいかも。
これを正しく読めるバランス感覚のある人と話したいと思う。
この先の日本の10年がどう変わるのか興味深い。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「新戦争論1」読了
…この度の人質事件で何かを強く考えた人、
ウヨクもサヨクもアンチ著者も、全日本人はもちろん外国人も、
全ての人が一読する価値がある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最終章、竹内浩三の詩と思想、人となりもいきいきと紹介されてた。
激しい反発や葛藤をへて、"芸術の子"として戦争へいった浩三。
個を貫きつつ、国に仕える。
「何がどうあれ、この魂だけはオレのもんだ、そうだろ?」と、
声がきこえてきそう。  個、公、私。なんのためなら自分は、…と考える

トッキー

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ