ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2015.2.4 16:28

『新戦争論1』一気読みにつき謝罪

小林よしのり氏の新刊『新戦争論1』の
“一気読み”
が流行っているとか。

私はかねて、小林さんご本人から、
漫画執筆がいかに手間暇のかかる難行苦行であるか、
その一端をつぶさに伺っている。

まして今回の作品は450ページもの大作であり、労作だ。

どのページも、
小林先生はじめよしりん企画のスタッフの皆さんが、
心魂を傾け、
心血を注いで、描き上げておられる。

それを、怱卒の間に読み飛ばそうなどとは、不埒千万。

1ページ、1ページ、押し頂きながら拝読すべきではないか。

ーーなどと憤慨している場合ではなかった。

私自身がいち早く、一気読みしたなどと、
調子に乗ってブログに書いていた。

いやー、他に優先すべき仕事もあったのに、
途中から止まらなくなって…。

むにゃむにゃ。

思うにこれは、恐らく作者が悪いのではないか。

こんな、一気読みを「強制」するような作品を描いてしまって。

だが、小林氏にはぜひお伝えしておきたい。

一気読みをした(してしまった?)読者の多くが、
放っておいても再読、三読し、
精読、熟読するだろう。

そして、執筆に費やしたより遥かに長期に亘って、
この作品を身近に置き、
折に触れて読み返すであろう。

また、『戦争論』が長く新しい読者を得て、
今も読み継がれているように、
この作品もまた長い生命を保つに違いあるまい、と。

あれ?一気読みの謝罪のつもりで書き始めたのに。

まぁいいか。

これにて、平にご容赦願い上げる。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ