ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.2.5 00:42新刊情報

『新戦争論1』に託す、わしの希望


『新戦争論1』は、イラク戦争を支持した右派やネトウヨは

読まないだろう。

イスラム国に激しい敵意を燃やしていながら、

それを生み出したイラク戦争には目を瞑り、耳を塞ぐ、

そういう卑怯な連中だからだ。

 

イラク戦争の「戦闘」終結時点で、彼らはわしに向かって

一斉に罵詈雑言を投げつけた。

「ざまあみろ、小林よしのり」と歓喜した。

「小林よしのりは卒業だ」とネットで嘲り、そのネットの

バッシングが、雑誌「正論」にも「諸君!」にも掲載された。

 

産経新聞をはじめ、自称保守論壇は、フセイン体制が崩壊したら、

これでイラクは民主化すると高をくくって、わしを批判したのだ。

 

だが「戦闘終結」と「戦争終結」は違う。

これは『新戦争論1』にも描いたが、イラクは忽ち「独裁よりも

恐ろしい無秩序状態」になって、テロが蔓延する国家崩壊状態に

なった。

 

そしてバース党の幹部が、イスラム過激派と手を組んだのが、

このたびのイスラム国の正体なのだ。

これはアメリカの大失敗なのであり、イラク戦争を支持した

日本の自称保守派は完全に誤っていたのであり、筋を通すなら、

彼らは腹を斬らねばならない。

 

だが、彼らはイスラム国の「原因」を見ないようにしている。

自分の誤りを指摘されたくない、反省したくない、だから

『新戦争論1』は読まない。

彼らは弱虫なのだ!

真実から目を背ける臆病な卑怯者たちは『新戦争論1』を読む

勇気を持てない。

口だけのタカ派は、『新戦争論1』を読まないから、その分、

読者を減らすだろう。

だが、それでもいい。

 

彼らがどう見ざる聞かざるを決め込んでも、歴史が判定する!

慰安婦問題が日本で形勢逆転したように、イラク戦争の総括に

ついても、歴史が判定することになる!

 

今、『新戦争論1』を読んでいる者たちの中から、今度こそ

本物の「保守」が育ち、本物の「愛国者」が育つだろうと、

わしは希望を持っている。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ