ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2015.2.5 15:46

安倍首相中東歴訪、その前と後

安倍首相が中東歴訪する少し前に書かれたイスラム国の解説書を覗く。

すると、こんな感じ。

「イスラム国とは何なのかー?

 この謎の集団が、日本人が関係したこうしたニュース
(湯川氏の拘束ー引用者)をきっかけに、
人々の関心を広く集めるようになっていきました。

それでも、中東はやはり『遠い国』です。

日本とは関係のない、どこかの話でしかありません。

しかし、イスラム国という過激派集団がシリアと
イラクで急速に台頭し、今日も凄まじい勢いで人々を
殺戮していることは、紛れもない事実なのです」
(軍事ジャーナリスト、黒井文太郎氏『イスラム国の正体』
奥付け平成26年12月20日)

神の啓示による絶対的な規範の優越性を主張する
宗教的政治思想の唱導は、自由社会においてどの範囲まで許され、
どこからは許されないのか。
日本の法執行機関と市民社会のそれぞれが、
確固とした基準を示しておく必要がある。
『イスラーム国』への対処は、日本の自由主義体制と市民社会の
成熟度を問う試金石となるだろう
(東京大学先端科学技術研究センター准教授、
池内恵氏『イスラーム国の衝撃』同平成27年1月20日)

イスラム国の情報収集に関して、日本は有利な立場にあります。
彼らの敵意は基本的に欧米に向けられているからです」
放送大学教授、高橋和夫氏『イスラム国の野望』
同平成27年1月30日)

「イスラム国は『欧米人を殺せ』という指示を世界に向けて、
すでに発信しています。
欧米にとって本質的な脅威は、
イスラム国から戻ってきた自国出身者の戦闘員だけでなく、
その呼びかけに応えた自国にいるだれかが、
『9・11事件』のような大惨事を起こしかねない
状況になってしまったということなのです」
(元シリア大使、国枝昌樹氏『イスラム国の正体』
同平成27年1月30日)

どれも、まさかわが国が近い将来、
イスラム国の直接の攻撃対象になるなどとは、夢にも考えていない。

ところが、安倍首相中東歴訪後の今の状態はどうか?

まさにわれわれはテロの危険の中にいる」
(安倍首相、2月3日の参院予算委員会での答弁)

日本とイスラム国との戦争はすでに始まっており、
敵は日本国内にもいる」(佐藤優氏)

「イスラム国は…明確に日本の敵となった。
テロとの戦いに積極的に関わってゆくときだ」
産経新聞2月4日付社説)

安倍首相中東歴訪の前と後で状況は一変した。

まず、この事実を銘記しておこう。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ