ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.2.7 03:02

戦場ジャーナリストの仇をとりたいとは思わない


産経新聞の「産経抄」は、その極端な単細胞ぶりに呆れる。

敗戦から70年で日本人は優しくなりすぎたそうだ。

「イスラム国」は「ならず者集団」であるから、

後藤健二さんの殺害の「仇をとってやらねばならぬ」と

考えるのは、人間として当たり前の話だそうだ。

 

かつてはフセイン政権を「ならず者国家」と言っていたな。

それを破壊したら、イスラム国が生まれたわけだ。

 

わしの考えでは、戦場ジャーナリストが殺害されたのは、

「私」のレベルでは、「残酷に精神的に追い詰めて殺しや

がって、ふざけるな」という気持ちが湧くが、

「公」のレベルでは、「プロが自己責任で危険地帯に入った

のだからやむを得ない」と思う。

ましてや子供のケンカじゃないんだから、「仇をとりたい」

とは思わない。

 

そんな「私的感情」で、いちいち戦争を

やってたら、世界がカオスになる。

 

「憎しみの連鎖」はご高説ではなく、中東の内情であり、

それがわからぬほどの単細胞が、中東問題を語る資格はない。

旧約聖書の時代から続く、中東の憎しみ合い・中東の戦争に、

遠く離れた我が国が一時の「感情」で関わったら、

取り返しのつかない大失敗を犯すことになる!

 

そこまで「ならず者集団」に頭に来るのなら、

北朝鮮に宣戦布告しろ!

アメリカが従わぬなら、日本単独で北朝鮮を潰せ!

拉致家族を救出しろ!

戦場ジャーナリストが自ら潜入して人質になったことと、

一般市民が自国から拉致されて、永遠に帰って来ない

こととは、残酷のレベルが格段に違う!

 

産経新聞の劣化は果てしない。

まずイラク戦争の反省をしろ!

アメリカの義眼をはずせ!

『新戦争論1』の第12章「閉ざされた言語空間」を読め!

 『新戦争論1』

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ