ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2015.2.12 02:27新刊情報

『新戦争論1』従米日本を憂うる女性の感想!

今日も『新戦争論1』
愛読者カードのご紹介!

今回は、女性3人のご感想から。
奇しくも3人とも、
米国追従の現在の日本の
現状を憂うる気持ちを
記しておられます。


新戦争論読み終えました。
前の戦争論シリーズは大東亜戦争や
過去の戦争について主に語られていた
ように思いましたので、今回は
「今の戦争」をどうするのだ?
とつきつけられた感じがしました。
日本は中国・北朝鮮だけでなく、
イスラム国も敵に回してしまい、
集団的自衛権の行使容認で
アメリカと共に戦闘をする可能性が
高くなった今、最悪の状況と言えます。
アメリカに従い続けるのはもう嫌です。
アメリカについていけば安泰なのではなく、
地獄が待っているからです。
(福岡県・44歳女性・アルバイト)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すばらしい本です。
特に貞子、信子の話が心に残りました。
亡くなった妹と重なりました。
アメリカの残酷さ、
そしてそれにただ従うだけの人、
どんどんおかしくなっているのに…
そういう気持ちをきちんと出す本が
あまりなくて残念です。
草むしりのところも同感です。
がんばってください!!
(長野県・50代女性)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一気に読みました。
今でも、鮮明に記憶に残っているのは、
平成15年のイラク戦争の時に、
メディアがこぞって賛成一色だったことです。
そして、今でも、アメリカ賛美で、
ぬけぬけとテレビなどに出て、
責任をとっていません。
言いっぱなしの無責任の「識者」や「評論家」、
「ニュースキャスター」と称する輩が多すぎます。
こういう人たちは、「立派な」大学等を
出ているはずなのに…と思います。
いったい「教育」とは
何のためにあるのでしょうか?
知識や保身の知恵はあるのでしょう。
しかし、筋をとおす勇気や、
弱者に対するやさしさや感性が
ないのではないでしょうか。
残念ながら、その結果が、今の日本です。
(40歳女性・会社員)

トッキー

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ