ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2015.2.18 05:40

安倍首相の中東歴訪、もう1つの失策

日本人2人がイスラム国に拘束されている最中、中東を歴訪して
イスラム国と戦う諸国を支援する」と大見得を切った安倍首相。

2人が殺されたのは“自己責任”としても、全日本人が
テロの危険の中にいる」(安倍首相)状態に陥ったのは、
誰の責任か。

かつての、ルーピー鳩山首相の「国外、県外」発言さえ
霞んで見える大失策。

政府内部の検証委員会でどんな言い訳を捻り出しても、
取り返しがつかない。

戦後70年の年初に、いきなり“戦中”に飛び込むような
愚劣極まる行動だった。

だが、安倍首相は今回の中東歴訪で、更に別の失策も犯していた。

外交アナリストの河東哲夫氏は次のように指摘する。

「(今回の歴訪では)イスラエルのネタニヤフ首相と安倍首相の
親密さが、過度に演出された…。

ネタニヤフとオバマの関係は今や最悪だ。

ネタニヤフは来月に米議会の招待で訪米し、
イランとの交渉を始めているオバマ政権を真っ向から批判する
構えを示している。

…そのようなときに、安倍首相がイスラエルに

訪問し、ネタニヤフとの協力姿勢を大々的に打ち出したのは、
日本の対米関係にプラスになるまい。

さらに安倍首相は、エルサレムで
ジョン・マケイン米上院議員(共和党)と会っている。

彼は08年の大統領選でオバマの対立候補だっただけではない。

中東やウクライナなどを頻繁に訪問。

オバマの煮え切らない態度を公に批判してきた。

今年は戦後70年という微妙な時期。

…訪米を成功させ、アメリカからの支持を確保しておくべきだ。

それなのにネタニヤフやマケインらと友好関係をアピールし、
オバマ政権を刺激する齟齬を見せたのはなぜだろうか」と。

ネタニヤフもマケインも、オバマが頭を抱える“イケイケ派”。

オバマ政権にネガティブな印象を与えてでも、
彼らとの「親密さ」をことさら際立たせたのは何故か。

そんなに中東で「戦争」したいのか?

それとも単なる馬鹿か?

 
高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ