ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.2.17 08:24新刊情報

戦争を正面から考える者が平和を構築できる


実質賃金が18か月連続でマイナスになっているから、

個人消費が伸びない。

企業の設備投資も増えていない。

企業が日本国内の市場を信用していない。

だから異次元の金融緩和でじゃぶじゃぶのはずのカネを、

企業は銀行から借りない。

つまりアベノミクスとやらは失敗している。

 

円安で外国人がこれだけ日本に観光に来て、

中国人が爆買いしてるのに、日本全体の景気浮揚には

大した効果もない。

 

これでギリシャがEUを離脱してデフォルトしたら、

ユーロが信用を失って円高になる、株価も暴落する。

そもそもEUという実験そのものが各国の国柄を

無視した設計主義だから、将来が怪しい。

 

ウクライナ経済を支えるためにもEUはかなりの額を

援助しているが、ロシアとの戦争もそう簡単に収まる

気配はない。

 

米国はウクライナに軍事基地を置くという話もあるが、

ロシアとイスラム国の二正面作戦で軍事費を使っていく

覚悟があるか?

 

日本を含め、世界各国の経済が崩壊の危機を迎えている。

経済の危機はナショナリズムを増幅させ、戦争という

祭りでの蕩尽を求める。

 

『新戦争論1』でも描いている通り、戦争の反対は
平和ではない。
平和とは何かも知らずに、平和は守れない。
戦争について、自己欺瞞なく、正面から考える者でなければ、
平和を
維持・構築することはできない。

 「ゴーマニズム宣言SPECIAL」『新戦争論1』

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ