ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.2.18 04:43

反知性主義な善悪二元論


新聞広告を見てたら、新潮45の特集が「狂信テロ集団

『イスラム国』非人間的な、あまりに非人間的な」と

なっていて、ひたすら感情を劣化させて、善悪二元論を

唱えている。

やれやれ、911直後の風潮の再現だ。

これが一番商業的に売れるやり方だというのはわかる。

だがくだらない。

 

佐藤優はイスラム国のことを「現代のコミンテルン」だと

言っている。

反知性主義もいい加減にしてもらいたい。

イスラム国が一体どんな理念を掲げているのか?

子供じみた誇大妄想理念を掲げても、現在の先進国の国民が

同調するはずがない。

労働者による世界同時暴力革命がそれなりに希望となり得た

時代と、現代では背景が全然違う。

ピケティが格差社会の危機を訴えても、だからといって

共産主義がいいなどとは、誰も思わない。

 

イラク戦争の総括をしないで、イスラム国の残虐性のみに、

脊髄反射しているから、憎悪と敵意を煽る世論作りに励む

稚拙に堕してしまうのだ。

安倍政権を恐れて、政府の報道管制に従う大メディアばかり

の中で、「イラク戦争の総括」、それをやっているのは、

『新戦争論1』だけである。

脳を憎悪で染め上げたら、反知性主義に陥るだけだ。

じっくりこの本を読め!

 「ゴーマニズム宣言SPECIAL」『新戦争論1』

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ