ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.2.18 05:20

国内、国外が「憎悪」の魔力に嵌っている


「憎悪」する快感について考えている。

わしは一度もアイヌ系の人々を「憎悪」したことはないし、

「憎悪表現」を使ったこともない。

わしも時浦も、徹底的にクールな論理だけを表現している。

 

だが、香山リカのシンパは、わしに「憎悪」をたぎらせている。

「憎悪表現」を吐き散らしてくる。

香山リカとそのシンパにとって、諸悪の根源は小林よしのり

となっているらしいが、本当にそうなのか検証する気はない。

 

「憎悪」すべき対象を見つけてしまったからには、論理は

要らないのだ。

小林よしのりが滅ぶまで「憎悪」の罵詈雑言を浴びせるだけだ、

彼らはそう考えている。

在特会やネトウヨもそう考えていて、わしに「憎悪表現」を

浴びせてくる。

香山リカとそのシンパも、もはや在特会よりも憎むべき相手は、

小林よしのりになってしまっている。

だから、小林よしのりに対しては「憎悪表現」が許されると、

香山リカは宣言し、それを扇動した。

 

なぜ彼らは「憎悪表現」を肯定するのか?

「憎悪」が快感だからである!

「反ヘイト」と自称しつつ、自分たちも「ヘイト」を楽しむのは、

「憎悪」の魔力に嵌ってしまうからである。

「憎悪」が脳内で快感物質を発生させ、それがストレス発散に

なるし、生きがいになる。

 

この脳内作用は、「憎悪」の応酬を止められないアラブ諸国の

人々も同様である。

ヨルダンVSイスラム国、エジプトVSイスラム国、「憎悪」を

拡散させて無秩序を作り出すこと自体が、イスラム国の狙いなの

だろう。

「憎悪」の正体について、深く思想することが必要である。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ