ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2015.2.20 11:00

「対テロ戦争」がテロを拡大

「テロとの戦い」と言えば、誰も反対出来ない印象を与える。

何だか、世界から不当なテロリズムを撲滅する、
平和的な取り組みのような。

だが、実態はアメリカ主導の「対テロ戦争」。

それに積極的にコミットするなら、
相応のリスクもコストも覚悟する必要がある。

ドカドカ空爆で民間人も殺し、
地上戦に踏み出さなくては事態は収まらない。

その“戦争”に加わるなら、非軍事的支援なんて言い訳は、
少なくとも敵側には通用しない。

敵の「憎悪」を、日本人皆が真正面から引き受けなくてはならぬ。

その心構えがあるのか。

そもそも、アメリカ流の対テロ戦争をこれまで通り続けて、
勝算はあるか。

イラク戦争もアフガニスタン戦争も、
全く戦争目的を達することが出来なかった。

どころか、おびただしい死者を出し、莫大な費用をかけて、
事態を格段に悪化させただけ。

むしろイスラム国を生み出すなど、テロの脅威は遥かに増大した。

イラクでは宗派的相違はほとんど意識されることなく、
スンニ派とシーア派が共存するシステムが存在したが、
フセイン政権打倒にシーア派の協力が必要であったアメリカが
宗派
的対立を煽り、それがイラク社会に定着してしまった」

イラクは、米軍がイラク戦争で占領するまで、
内戦の歴史をもっていなかった。
イラクでは難民が国外へ流出する一方、内戦に加担したり、
米軍と戦おうとしたりする民兵や過激派のメンバーが
国内に流入す
るようになり、大量の武器がもち込まれたのは、
米国の同盟国であるサウジアラビアの富豪層たちが、
米軍と戦う武装集団に武器、弾薬、資金を提供したからである」
等の指摘がある。

アメリカ主導の泥沼の対テロ戦争に、覚悟も当事者意識もなく、
いつの間にか日本も“参戦”
ーなんて悪夢は、もう始まっているのか。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ