ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.2.24 04:11

イスラム国とイスラム教に接点はないか?


テレビのコメンテーターが決まりごとのように言う。

イスラム国とイスラム教は全然関係ない。

そこを一緒にしたらイスラム教徒に対する差別が起きる

 

いい人に見られたい者の、偽善的な常套句だ。

いい人に見られたい者が道徳的だとは絶対に言えない。

単なる処世術の使い手は、テレビのコメンテーターには

向いているが、重要な問題点をはぐらかす偽善的な

言葉を吐き散らす。

 

悪い人に見られても、正しいことを言う者の方が

道徳的なことだってあるのだ。

そういう意味では、わしは常に悪い人に見られる損な

役回りを引き受けているから、極めて道徳的である。

損得を一切考えないからこそ、わしは道徳家だと言える。

 

イスラム国とイスラム教には接点がないのか?

欧米諸国は「文明の衝突」を恐れ、キリスト教と

イスラム教の戦いになることを防ぎたいのだろう。

十字軍と言われるのが嫌なのだろう。

だが、わしは違和感を覚える。

 

欧米の植民地支配と戦うのは、イスラム教では

「ジハード」のはずである。

だからこそイスラム教徒がイスラム国に洗脳されるのだ。

フランスで3人の少女がイスラム国に入ったという。

この3人もイスラム教徒である。

イスラム教徒だからこそ、イスラム国の理屈がわかるのだ。

接点がないはずがない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ