ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.3.4 08:04

イラク軍に協力するイランのシーア派


イスラム国を壊滅させるために、イラク軍がモスルの前に、

ティクリートを攻めている。

なんと協力してるのが、イランのシーア派だという。

 

イラクとイランのシーア派が手を組むという形で、

スンニ派を攻撃していることになる。

ティクリートはスンニ派の住民が住んでいるから、

陥落させるときに、虐殺が起こる恐れはないのか?

 

イラクとイランの国境線が流動化しているが、

イランには核問題があって、アメリカとは対立していた

はずだ。

イランはイスラム国の壊滅作戦に協力することで、

自国の核開発をアメリカに容認させるつもりか?

 

だが、イランとアメリカの接近はイスラエルが警戒する

ことになる。

 

こうして中東は敵の敵は仲間だが、昨日の友は今日の敵

という、複雑怪奇な状況を積み重ねることになるのだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ