ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.3.4 13:15

「SAPIO」の特集記事について


昨日、「SAPIO」連載の『大東亜論』コンテを描き上げて、

気力を使いすぎたのか、今日は全然仕事がはかどらない。

だが、歴史漫画を描くコツを毎回、会得している感がある。

 

今日発売の「SAPIO」の特集「戦争は血が滾るから恐ろしい

は、わしが聞いてたときよりタイトル表現がまともになった。

いいことだと思う。

最初聞いたタイトルはもっと好戦的だった。

 

だが山内昌之氏の文章はいきなり好戦的で、善悪二元論の見本。

12年前のイラク戦争のときは、中東の民主化に懐疑的な意見を

持つ人かと思っていたが、時代風潮に流されて考えが

欧米化したようだ。

単純にイスラム国=悪と断定して、これを潰せば平和が来ると

思い込んでいる。

 

フセイン政権=悪として崩壊させた反省がないから、教訓も

得られない。

タリバン=悪とした反省もないから、教訓が得られない。

北ベトナム=悪とした反省もないから、教訓が得られない。

日本=悪としたことは、大正解だったと思っているから、

アメリカはその後の侵略に次々失敗する。

侵略ばっかりして反省しないアメリカと価値観を同じにして

しまって日本人として恥ずかしくないのか?

 

中東に欧米が関与するたびに悪化しているのだから、

日本はなるべく等閑視しておくのが一番いいのだ。

 

日本は善悪二元論ではなく、日本独自の道義で、裁定する

主体性を確立したら、出ていけばいい。

その日本人の主体性の問題を、『大東亜論』で描いていくのだが。

 

自称保守の間にはびこる欧米主体の好戦主義、

日本の主体なき好戦主義は、幼稚だからそろそろケリをつける

必要がある。

だからといって反戦平和の原理主義や、自虐史観に戻るような

愚劣を許してはならない。

 

わしの戦争に対する考えは「SAPIO」の記事中で示した。

自らが主体的に決断した戦争でなければ戦う意味はない

と題されて載っている。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ