ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.3.6 01:24日々の出来事

異端の漫画と編集者


考えてみたら変な漫画の描き方してるなあと思う。

『ゴー宣』『戦争論』シリーズも確実に漫画なんだが、

漫画界の中では超異端と見られている。

漫画と思われていないかもしれない。

 

今描いてる例の大作はフィクションなので、間違いなく

漫画だ。

だが、一般の漫画誌に連載していたわけではなく、

後半は描き下ろしで描いて単行本にしようとしている。

 

描き下ろしの利点は一話、一話のページ数を自由に

決めることができることだ。

これは作家にとってストレスが少なくていい。

締め切りも自分で設定できるから、体調が良ければ

ガンガン進むし、体調が悪い間は描かなけりゃいい。

雑誌連載でない描き方は、わしに合ってる。

 

だがそんな作品が売れるのかどうかは全然わからない。

原稿料が出るわけじゃないから、単行本で売れなきゃ、

大赤字になる。

リスクが大きいのだ。

 

けれども雑誌連載で食っていくためには、一本のヒット作

を何十年も続けていかなければならない。

それはわしには無理だ。飽きてしまう。

別の漫画が描きたくなる。

 

自分の自由度を確保して、自分の描きたい作品だけを描く。

異端なのかもしれないが、確実に支持してくれる読者が

いるのだから、これでいいのだろう。

 

今描いてる例の大作は、『ゴー宣』シリーズではないのに、

SAPIO」編集部がこれを完成させてほしい、単行本と

して出したいと言う。

SAPIO」編集部が言わなかったら、わしは放り出した

ままだったと思うので、これが売れたら彼らの目が慧眼

だったということになる。

 

作品を生み出すうえで、編集者の影響って、やっぱり

大きくて、動機を与えてくれる場合だってあるのだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ