ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.3.7 12:50

中間層が薄くなり、文化が衰退している


今日、AKBのCDを買いに行ったら、また大きな街の

デパートのCDショップが閉店していた。

ここ一年でわしの知る3つの街のCDショップが閉店した。

今後は渋谷に買いに行くしかない。

 

音楽業界はCDを売る店がどんどんなくなっているのだから、

ネットのダウンロードか、あとはライブでしか収益を

見込めなくなってしまうだろう。

 

本や雑誌の売り上げもどんどん落ちていて、出版業界も

厳しいようだ。

返本が多ければ倉庫代がかかるし、税金もかかるという。

出版社も一気に大部数刷って、大きな賭けに出にくく

なってしまった。

 

文化そのものが衰退の一途を辿っている。

文化を支えるのは基本的には若者たちで、その若者たちが

金銭的余裕を失っている。

ファッションにも車にも音楽にも本にも関心がない層が

増えている。

 

非正規社員が増えて、格差が拡大して、中間層が薄くなり、

最下層が厚くなるから、個人消費が伸びなくなって

いるのだろう。

 

安倍政権が、年金を株に注ぎ込み、今度は郵便貯金も株に

注ぎ込むというので、官製相場で株価ばかりが上昇し、

富裕層バブルが起きているが、庶民には何の恩恵もない。

将来不安が増すばかりで、財布のひもが固くなるのは必然

である。

 

そんな状況下で、まだわしの本は売れてる方だと思う。

今日、書店を見たら、『新戦争論1』があと3冊しかなくて、

1冊を若者が立ち読みしていた。

いっそ、わしが買ってやろうかなと思ったが、やめた。

あっ!自慢は止めよう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ