ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2015.3.10 03:34その他ニュース

「国際社会サマが決めたのだ」は通用しない!

香山リカが「創」4月号で、

アイヌは「民族」か否か?

という問題に関して、

アイヌが先住民族であるということは

国際社会でとっくに決まっている、

今さらそんなことに

疑問を持つ人がいることの方に驚く、

というようなことを書いています。

 

3月号の対談の席では、しきりに

「私も別に国連至上主義ではないのだけれど」

とか言って、

決して「国際社会」の決定を

妄信しているわけではない

というふりをしていたはずですが、

都合が悪くなると
平気で二枚舌使うわけですね。

 

これは『新戦争論1』第20章で描いた

「日韓基本条約」のような、

国と国の間で交わした条約とは

全くケースが異なります。

 

慰安婦問題で散々見てきたように、

国連宣言だの決議だのというものは、

ロビー活動次第でいくらでも

事実と異なるものを成立させる

ことができるものです。

 

私たちには

「国連」のお墨付きなど

通用しません。

 

アイヌの血が1%に薄まっても
アイヌ「民族」なのか?


アイヌ文化の伝承が一切なくても
アイヌ「民族」なのか?


自分の意思でやめられるようなものが
「民族」なのか?

 

以上の質問に対して
納得のいく
回答がない限り、
決して認められません。

 

香山リカやその取り巻きの

権威主義者・差別主義者は、

上の質問に決して答えられないから

「国際社会が決めたのだ」の一点張りで、

議論を封殺しようとするのです。

 

自分の言葉で戦えないから、

職員室に駆け込んで叱ってもらおう

という幼稚な幼稚な心理です。

 

いいかげん、このみっともなさに

気付いたらどうでしょう?

トッキー

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ