ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2015.3.14 23:00お知らせ

『新戦争論1』を読んだら次はゴー宣道場!

本日も、『新戦争論1』
読者カードの感想を
ご紹介!!


この「新戦争論1」は、
戦後70年の日本が歩んだ
平和国家としての矜持の保ち方、
特にアメリカとの理想の付き合い方は
どうあるべきかが分かりやすかったです。

これからも、アメリカ政府と、
それに味方する恐米ポチにカミナリを!
(石川県・33歳男性)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イラク戦争開始*小泉首相は即座に表明した
{賛同}関連国内法は無い。
イスラム勢力が強ければ、
日本は巻き込まれ反撃され、
東條英機同様戦犯として
靖国神社に入れられるだろう。
靖国参拝は戦争の準備だ。

ベトナムから逃げたアメリカは
確実に軍事力を失うと思っていた。
アメリカを弱らせる最高の方法は、
国力を消耗させることだ。
小泉方式は的中した。
イスラム国が生まれ、
アメリカの弱体化は確実に進行している。
 日本救国の指南をお願いします。
  救国指導者 小林よしのり様
(島根県・79歳男性)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも渾身の力作ありがとうございます。
私もつねづね靖国神社で「不戦の誓い」は
本当におかしいと思っていました。
顕彰の場であるという靖国神社に
納得いたしました。

戦争論以降、自虐史観が衰退したことには
うれしく思いましたが、
近年の自称「保守」には、疑問を感じていました。
「国」のためと言いながら
実は「公」のためでなかったために
国民が不幸になることはある!
「公」あっての「国」ということが
よくわかりました。
(東京都・52歳男性・会社員)


アメリカにとにかくついていけ、では、
日本は「平和国家」どころではなくなります。
アメリカとの向き合い方にすべてがかかってくる。
そういうことが見えてくるのが『新戦争論1』です。

イラク戦争支持は、
アメリカ弱体化の方策?
この皮肉の利かせ方は
すごいです!

安倍政権を支持すりゃ
「愛国者」と思ってる連中には
本当にウンザリ。
彼らには「公」はありません!

そんな様々な思考を
繰り広げることのできる
『新戦争論1』、

第47回ゴー宣道場
「第2弾・『新戦争論1』と戦後70年」
で、さらに思考を深化させませんか?

4月12日(日)午後1時開催!
参加応募締め切りは4月1日です!

詳細はこちら!

トッキー

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ