ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2015.3.18 11:00

「八紘一宇」と日本の正義

自民党の三原じゅん子参院議員が国会質疑で、
グローバル資本主義批判の文脈から「八紘一宇」という言葉を
取り上げた。

なかなか良い着眼だ。

これに対し、「八紘一宇」という言葉そのものに、
言葉の意味もよく分からないまま、条件反射的に反発する向きも
あるようだ。

戦後70年を経ても、いまだGHQのマインドコントロールが
有効に機能している証拠だ
ろう。

昭和20年12月15日、占領当局によって「神道指令」が出された。

その中で、具体的に禁止用語として指定された言葉が2つあった。

1つは「大東亜戦争」。
そして、もう1つが「八紘一宇」だった。

いずれも、先の大戦に於けるわが国の「正義」
をストレートに
表明した語。

占領当局には頗る都合が悪い。

だからこそ、“名指し”で禁止された。

だが、サンフランシスコ講和条約で日本が独立を回復すると同時に、
同指令は効力を失った。

にも拘らず、「大東亜戦争」も「八紘一宇」も事実上、
公共の言論空間から追放されたまま。

それは、日本がいまだ自らの正義を見失ったままの現実に、
ぴったり対応している。

だから、三原質問に登場した「八紘一宇」
拒絶反応を示した連中は、自分では気付かないまま、
GHQの幻に忠誠を尽くし、わが国の事実上の被占領状態の維持に
努めているに等しい。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ