ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.4.5 00:42日々の出来事

雑だから美しいという感覚


今日も8時に起きて、例の大作2本目の作画を開始。

下描きの段階だ。

今夜は「ゴー宣道場」の打ち合わせがあるから、それまで

集中して描く。

わしは目覚めが良くて、目が覚めると8時だ。

顔を洗ったら、すぐ作画を始める。

下描きはビシビシ決まり始めた。

途中で『大東亜論』のペン入れもするが、18日までに

例の大作のペン入れを終了させるのが目標だ。

 

ストーリー作りと作画は全然違う。

ストーリーを作ってるときは、朝8時に目覚めたら即、

頭が回転し始める。

布団の中でしばらく考えていると、いいアイデアが思いつく。

すると矢も楯もたまらず起き出してパソコンを開くのだ。

 

アイデアは出ない時は出ない。

傍からは、ぐうたらしているように見えてしまう。

だが、ペン入れは描きさえすれば完成に近づいていく。

スピードの問題だ。

もちろん速けりゃ荒くてもいいという話ではない。

登場人物や背景に命を吹き込む作業だから、

芸術性・センスが必要だし、気迫が要る。

 

ライジングのコメ蘭に漫画描いてる者がいて、

PCで描くと、キレイだけど生気のない絵になると

言っているが、分かる気がする。

やはりペンで描いて、「雑」を残しつつ、生命感のある

絵に仕上げなければならない。

ひょっとしたら絵画も似たようなものかもしれないが、

キレイと美しいは違うだろう。

生命というものは、猥雑だから美しいのだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ