ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.4.5 05:28

民族と言ってくれて、ありがとう?


東浩紀とわしが交流するようになると、アイヌ「民族」派の

運動群衆が、東氏のツイッターに、「東さんはアイヌを民族と

思ってないのか?」と書き込むらしい。

「自分は民族だと思っている」と東氏が返すと、

「ありがとう」「ありがとう」の感謝の嵐になるという。

うわっ!気持ち悪いっ!

東じゃなくて、運動群衆の奴らが気色悪いっ!

 

なんで小林よしのりと東浩紀が交流すると、たちまち東が

味方かどうかを確認したくなるの?

東が「民族」肯定派だとわかったら、なぜ「ありがとう」の

連呼になるの?

狂っている!

 

つまり自分たちの「陣営」か否かを、いちいち確認したく

なるわけだ。

今後は小林よしのりに関わった者たちには、すべて

「アイヌ『民族』か否か」の踏み絵を踏まされることに

なるだろう。

 

「運動」に嵌ると、「個」を失って陣営の「集」に埋没し、

「群衆」になってしまう。

敵か味方か?おのれの陣営を正義と信じ、敵は誰だと

探し回る。

敵陣営だと思ったら、「憎悪」を募らせ、罵詈雑言を

吐きまくる。

その体質は、在特会やネトウヨと全く同じだ。

 

「憎悪」の対象がほしいのだ。

「憎悪」なしには生きられない。

思考を放棄し、運動に嵌った群衆は、右も左も生きがいは

「憎悪」、行動は「ヘイトスピーチ」「罵詈雑言」となり、

論理は放棄、議論は拒否して、信仰だけになってしまう。

後ろ指をさして嗤ってやるしかないのだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

特別回

特別回 令和3年 3/14 SUN
13:00

テーマ: オドレら正気か?関西LIVE「コロナ全体主義をぶっ飛ばせ!」

INFORMATIONお知らせ