ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2015.4.6 02:51その他ニュース

アイヌ問題、東浩紀氏にとんだとばっちり

東浩紀氏のツイッターに

アイヌ民族肯定派が

「東浩紀さん、小林よしのりが

アイヌの民族性を否定するヘイトスピーチを

繰り返していることについてどうお考えですか?」

と質問、これに東氏が

「ぼくはアイヌ人は民族だと思います。

この答えで十分ではないでしょうか」

と答えたところ、

「ありがとうございます」

感謝の書き込みが相次ぐという、

気持ちの悪い事態が発生しました。

 

…というところまで

45日のよしりんブログ

「民族と言ってくれて、ありがとう?」

で書いてましたが、その続報です。

 

そもそもよしりん先生と対談したからって

何から何まで意見が同じに

なるわけがないのは当たり前です。

 

とはいえ東氏は、意見が異なるとはいっても

さすがにそんなに単純思考はしておらず、

講談社現代新書の「アイヌ学入門」に

アイヌ人と日本人が
ともに縄文時代の列島人の子孫で、

けっこう行ったり来たりしていた
書かれていたことをを挙げ、問題は複雑で、

「先住民族」と呼べるかは

議論の余地があるという発言をされました。

 

そうなると、さあ大変!

 

アイヌ民族肯定派は、

「アイヌ民族」とは日本人とは

全くの異民族で「先住民族」であり、

和人に「侵略」され「征服」された

被害者であるという意見に

100%同意する人しか認めないので、

感謝から一転、東氏のツイッターを

炎上させてしまいました!

 

東氏、ぼやくぼやく…

 

別にぼくはアイヌ否定派でもなんでもないし、

小林氏と別の話題で対談しただけなのに、

どうしてこう袋だたきにされるのか。

 

マイノリティについての議論は、

つねに言葉狩りになるので、ほんとうに嫌です。

 

無意味に炎上した。アイヌも沖縄も福島も在日も同性愛も、

とにかくすべて言及すると炎上するな。

そういえばこのあいだは金沢でも炎上したのだった・・・

 

南京大虐殺の時も、僕は何度も虐殺はあったと言っているのに、

おまえのあったという言い方は不十分だということで

虐殺否定派のレッテルを貼られた。

まったく同じ論理で今度は僕はアイヌ否定派になっているんだけど、

これやって誰が得するの?そんなに言葉が大切なら

先住民族でもなんでもいいですよ。

 

きっとぼくはそのうち、沖縄には基地なかった派とか

福島で原発事故は起こらなかった派とかにもされていくのだろう。

 

まあ何れにせよ、今回の炎上でわかったことは、

アイヌについて語るのは「面倒」だということに尽きますね。

こんな状況作って得するのは、ブロガーやツイッタラーだけだな。

やれやれ。

 

 

ご同情申し上げます!!

 

たとえ自分たちの意見に近い人であっても、

100%の同意でなければバッシングする、

議論を一切しようとしない、

それが「アイヌ民族肯定派」です!

 

こんな人たちの言うことに

正当性などあるわけがないのです!

 

 

トッキー

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ