ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2015.4.11 03:10その他ニュース

ネトウヨに期待するデタラメ男・八木秀次!

何の気なしにネットを見てたら、
今回の教科書検定では領土や自衛隊、
皇室や伝統文化などの記述が大幅に改善され、
「全社の歴史教科書に
いわゆる従軍慰安婦が記述され、
強制連行を教えていたころとは
大きく様変わりした」

と書いてるコラムを見つけました。
そう書くなら、全社の教科書に
「従軍慰安婦」が載った最悪の時期に
「新しい歴史教科書をつくる会」を立ち上げ、
さんざんバッシングや脅迫を受け、
事務所に放火までされながら地道に運動を続けた
よしりん先生や「つくる会」の初期メンたちへの
賛辞があるかと思ったら、さにあらず。
コラム筆者は、この動きの背景には
「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)
普及の影響が大きい」
と言うのです。そして今後も
「SNSという通信手段を得た市井の人たちが
教育界の古い体質、いまだにマルクス主義に
凝り固まっている姿勢を暴き出してくれるだろう」

と言うのです。
どこのバカがこんなこと
書いてるんだと筆者名を見たら…
八木秀次だ!
「つくる会」創設時には参加もせず、
慰安婦問題については
「こんな細かな問題にここまでエネルギーを
注ぐべきなんでしょうか」
(SAPIO 1997.3.26)
と言ってたのに、
比較的安全になってから「つくる会」に入ってきて、
たちまち内紛を起こして会を分裂させて、
自分らで教科書作ったら
「つくる会」の盗作だらけだったという、
デタラメな人がデタラメなこと書いてる!!
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150410/dms1504101140007-n1.htm

口直しにと別のコラム読んだら、
「現在、ツイッターなどには、リアルタイムで
テレビ番組の批判があふれている。
『もの言わぬ多数』だった視聴者が
通信手段を得たことで、
一大圧力団体と化している」

とした上で、そんな視聴者の声を背景に
「報道ステーション」が軌道修正されたなんて書いてます。

ツイッターのクレームなんかで
報道番組の姿勢が変えられてたら、
そっちの方が問題だろうに、
どこのバカがこんなこと書いてるのかと思ったら…
八木秀次だ!!
八木がこんなに褒めちぎっている、
SNSで圧力かける人たちって、
要するに「ネトウヨ」のことでしょう!? 
匿名でネットの中だけで
無責任な意見を吐きまくっている
夜郎自大の烏合の衆に、
何を期待してるんだこいつは!?
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150409/dms1504091140009-n1.htm

こんなのが安倍政権のブレーンで、
「皇統男系固執」を煽動し、
こいつが期待をかけるネトウヨ連中が、
「女系公認」の意見を見るや
寄ってたかって荒らしに来て、
未来の皇統断絶に向けた
工作を続けているのです!!

トッキー

次回の開催予定

特別回

特別回 令和3年 3/14 SUN
13:00

テーマ: オドレら正気か?関西LIVE「コロナ全体主義をぶっ飛ばせ!」

INFORMATIONお知らせ