ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.4.14 04:23新刊情報

『新戦争論1』12歳の読者の感想


『新戦争論1』の愛読者カードに、仙台の12歳の少女が

感想を書いてきてくれた。

・・・・・・・・・・・・・・

私は小6の歴史を学ぶとき、色々なことを知りました。

昔から歴史が好きだったため、父から太平洋戦争のことを

たくさん聞かされて、GHQのことや、憲法のこと、平和ボケ

してきていること、原爆をなぜ落としたかなど興味があり、

聞いていました。

歴史の授業のとき、先生は国のために戦い戦死した兵隊さん

たちの死には一切触れず、原爆で亡くなった国民、空襲の

ことだけを話していました。

もっとひどかったのは、国語の先生が「日本は卑怯な手を

使った」や「悪いことばかりした」「特攻隊はアホな飛行機」

「日本は国のために命を捨てるという愚かなことをした」

など言っていて、悲しくなりました。

その先生のことを父に話し、小林よしのりさんの『戦争論』

を見ました。

まだ難しくて分からないところが多々ありますが、勉強して

読みます。

国のために発揮した若者の勇気をアホ呼ばわりするのは

許せません。こういう状況を変えていきたいです。

・・・・・・・・・・・・・・

祖父の影響でこうなったのだろう。

学校教育より、祖父の教育の方が勝っているのはいいことだ。

将来、ネトウヨにならず、運動に走らず、集団に埋没しない

強い「個」を確立して、『戦争論』の正しい精神で、状況を

変えるための現場を見つけてほしい。

『戦争論』の誤読で、100万人のうちの1万人がネトウヨに

なったとしても、あとの99万人は真っ当に社会で働いている

のである。

 「ゴーマニズム宣言SPECIAL」『新戦争論1』

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ