ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.4.16 15:00

安倍政権の巧みな言論封殺


自民党は完全に異常だな。

最近、しょっちゅう「公平な報道」を求めるという建て前で、

「放送法」をちらつかせてテレビ局や番組を脅している。

「放送法」と口にすれば、メディアが自粛を始める効果があると

確信してるのだ。

 

メディアのトップが首相と食事したりして、懐柔されてるし、

その上で「放送法」を持ち出して軽く脅しておけば、メディアは

怯えて政権批判に慎重になる、そう企んでいる。

 

あきれたことに、古賀茂明が「報道ステーション」で「政権から

圧力をかけられている」と、明確な根拠も出さずに発言した

直後にも、「放送法」をちらつかせて脅し、その上、テレ朝に

堂々と事情聴取を求める始末だ。

菅官房長官は、圧力はないと言いながら、圧力かけてるのだから、

古賀茂明を応援したいのか?

 

「言論の自由」は権力の側にあるのではない。

国民の側が、権力を批判するために、「言論の自由」を憲法が

保障しているのだ。

「言論の自由」は我々、国民が権力と戦うための武器なのだ。

 

憲法の「言論の自由」の意味を分かってないから、安倍政権は

いつも自分たちへの批判にピリピリといらだち、放送法を持ち

出してメディアに脅しをかける。

立憲主義の何たるかを知らない馬鹿政権が「改憲」を主張してる

から、反対するしかなくなるのだ。

 

メディアはこの問題をもっと騒ぎ立てて報道しろ!

それから「報道ステーション」よ、最近、若手の無難な知識人を

コメンテーターに呼んで、「意見」ではなく、「解説」ばっかり

させているが、あれでは古賀茂明の言った通り、官邸の脅しに

屈したのかと疑われるぞ!

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ