ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.4.18 04:09

危うい民主主義


政権与党が放送法を振りかざしてテレビの報道番組を威嚇し、

テレ朝やNHKを呼びつけて事情聴取しているが、それが

テレビ報道番組の「委縮」を促進する圧力になる。

 

その程度の圧力で「委縮」するとは、テレビマンの矜持は

ないのか?という指摘があるが、「ない」と言うしかない。

 

権力が放送法を持ち出すのは、免許を取り消すぞという脅し

なのだし、テレビはスポンサーなしでは運営できない。

 

長期政権となるなら、本気で政権を怒らせたら、情報も取れ

ないので、テレビ局や他のメディアのトップも安倍晋三と

食事をして自ら懐柔されている。

 

安倍政権と大企業は蜜月状態なのだから、大企業向けの

アベノミクスや、大企業向けの原発再稼働を批判すると、

スポンサーも離れるリスクがある。

 

広告収入に頼らない「赤旗」や、エロ広告で成り立たせる

日刊紙くらいしか、今や厳しい政権批判は出来なくなっている。

 

その上、国民が「意見」を聞きたくない、「解説」だけでいい

という無気力に陥っており、民主主義の基盤が溶解している。

商売で支えられなければ、マスコミなんて権力の圧力には

圧倒的に弱い。

『新戦争論1』の「日系ブラジル人「勝ち組」が信じたい情報」

を読めば、今のマスコミの置かれている状況も分かるだろう。

 

YouTubeに「ゴー宣道場」のPR動画がアップされているから、

この10分程度のわしの分析を見るがいい。

無気力な国民に、民主主義は国民一人一人の自覚で成り立つ

のだということを分からせるべきである。

 

日本の民主主義は、今、相当危ない時期にさしかかっている。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ