ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2015.4.21 17:10

ペリー来航から60年弱で主権国家確立

ペリー来航(1853年)から14年で大政奉還。

その翌年が明治元年だ。

変革期の時の流れは早い。

ちなみに開国はずっと前。

すでにペリー来航の翌年には日米和親条約(神奈川条約)を結び、
下田・箱館2港を開いた。

その更に4年後には、日米修好通商条約など(安政の5ヵ国条約)が
調印されている。

この開国を引き金として、時代は幕末の激動へと突入した。

その不平等条約が最終的に改正されたのは、
明治44(
1911年)年のこと。

ペリー来航から60年弱。

欧米以外の国で初めて、
欧米列強と肩を並べる主権国家の地位を
獲得した。

大袈裟でなく、世界史上の壮挙だろう。

これを戦後の日本と比べるとどうか? 

戦後早くも70年。

今なお「事実上の米国の被保護国」のまま。

しかも、そのことを問題視する感覚すら殆どないのが実情だ。

明治元年から大東亜戦争開戦迄が73年で、ほぼ同じ位の期間。

終戦の昭和20年から70年遡ると、西南の役よりも前になる。

余りにも長過ぎる「惰眠」と言うべきか。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ