ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.4.25 15:24日々の出来事

わしも希(まれ)のように地道な生き方の人


NHK朝の連ドラ「まれ」の主人公のポリシーは現実主義だ。

希(まれ)は夢なんか追うべきじゃない、毎日コツコツ

頑張るのが一番だと言う。

まったくその通りだ。共感する。

希の父親は夢を追ってばかりで、失敗ばかりして、未だに

家族に面倒をかけている。

まったく情けない。

さっさと夢から覚めて、地道にコツコツ働くべきなのだ。

 

わしも毎日朝から晩までコツコツ絵を描くだけの日々だ。

派手なことは何もない。

家に閉じこもって、机にかじりついて、原稿の一コマ一コマ

の下描きをしていき、次にその下描きにペンを入れていくと

いう気の遠くなるような地味な作業をやっているだけだ。

なんという真面目な男だろう、わしって。

 

だが5月半ばには完成する。

6月末には発売される。

そしたら、いきなり大ヒットして、100万部くらい売れて

しまい、アニメ化され、映画化され、次に出した

『大東亜論2』も大ヒットになって、NHKの大河ドラマに

なって、助演女優と親密な仲になって、ホテルから出てくる

ところを写真誌にとられて・・・

いかんいかん!

夢なんか見てたまるか!

わしは地味が好き!

 

わしは公務員のように生真面目な自分の性格を活かして、

毎日コツコツ描いているだけの地味な人生を送っている。
感心した人、拍手!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ