ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.4.29 03:56

日米ガイドラインの深層


日米ガイドラインは、日本の側から見るのではなく、

アメリカの側から見ればわかりやすい。

アメリカは国防費を抑えるために、中国の軍事的な脅威に

怯える日本が好都合なのだ。

今後は自衛隊を米軍に組み込んで、世界戦略を立てられる。

安上がりに米国の覇権を維持できる、それだけのことだ。

 

日本がここまで中国に怯えるようになった直接の原因は、

尖閣諸島の国有化である。

フィリピンからの米軍撤退後に、南沙諸島の小島を中国に

奪われた例が心理的に恐怖を増幅している。

そんなに中国が恐いなら、国有化なんてしなきゃよかった。

自国の島は自国で守るしかないじゃないか。

だが、しょせん尖閣諸島の防衛は、今回のガイドライン

の条件でも、日本が前面に立つしかないのであり、

アメリカはその後方支援だ。

 

その前に、今回のガイドライン改定によって、今後

ますますアメリカは中国との軍事的衝突を避けることに、

神経を使わねばならなくなった。

つまりガイドライン以後の首相の靖国参拝は、ますます

しにくくなったと言える。

アメリカは日本と中韓の摩擦を今まで以上に警戒する

ようになるだろう。

 

しょせんアメリカは、中国と絶対に戦争はしない。

むしろ中国およびアジアの市場を舌なめずりして見ている。

日本は利用されているだけである。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ