ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.4.30 13:44

日米同盟の強化は「NO」と言える根拠がない


「報道ステーション」でメチャ濃ゆい顔のコメンテーターが

日米同盟が「NO」と言うこともできる対等な関係になった

などと言っていてあきれた。

 

米国が防衛費削減のため、今後は自衛隊の利用を組み込んだ

戦略を立てるのであり、軍事戦略や技術が一体化したら、

もはや「いざイラク戦争」のような場面で、「NO」と言える

はずがない!

 

湾岸戦争のトラウマが大きすぎる自民党や外務省は、

それこそ血の同盟関係が崩壊することを、最も恐れるだろう。

 

アメリカは絶対に「これは侵略戦争です」と言ってはくれない。

ベトナム戦争も、イラク戦争も、アメリカの分かり易すぎる

侵略戦争のサンプルだから、恐くて見たくないだろうが、

振り返って直視してみたらどうだ?

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ