ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.5.1 15:21

AKB48 内山奈月は立憲主義を知っている


NEWS23AKB48内山奈月(なっきー)が出ていた。

なっきーは現在の日本国憲法の条文を暗唱できるのだから

驚くが、憲法学者と『憲法主義』という本まで出して、

ベストセラーになった。

なっきーは「護憲・改憲」の政治的な立場はとっていない。

アイドルだからそれでいいのだ。

 

ただ、なっきーのすごいところは、近代憲法の基本である

「立憲主義」を理解していることだ。

これは、護憲・改憲の立場に関係なく、基礎教養だ。

 

憲法は国家権力を縛るものであって、国民は自由や人権が

権力から侵害されないように、憲法によって守って

もらっているのだ。

 

これは憲法の基本中の基本なのだが、驚くことに自民党の

憲法草案の中には、国民に対する道徳の強要が入っていて、

政治家の方が立憲主義を知らないのだ。

政治家は、憲法で国民を縛ることができると思っている

ので、本当に怖い。

 

家族を大切にとか、憲法で教えて強制しても、共同体が

崩壊する資本原理主義の流れの中では不可能である。

結婚できない賃金では、家族も作れないじゃないか。

 

さらに言うなら、イギリスには成文化された憲法はない。

憲法をいじれば日本国民が立派になるとか、活力が出る

とか、道徳的になるとか、そんな馬鹿なことはないのだが、

改憲派の人たちはそんな馬鹿なことを言っている。

やれやれだ。

内山奈月の爪の垢でも煎じて飲め!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ