ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.5.6 08:15小林よしのりライジング

SNSにインスタント・カルトあり


現在配信中のライジング『ゴー宣』で、共同体が崩壊した

この時代に、バランス感覚としての「常識」を育てられない

ままの子供や大人たちがSNSを利用すると、

「インスタント・カルト」に嵌る危険性があるという論考を

書きました。

子育て中の読者からの感想が面白かったので、紹介します。

・・・・・・・・・・・・・

GW中の配信、ありがとうございます!

私もGWは出勤なので、いつも以上に嬉しいライジング

配信でした。

今週号のゴー宣は、もしかすると以前もコメントに

書いたことがあるかもしれませんし、今後も書くことが

あるかもしれないですが(笑)、今までで一番面白かった

です!

まさにゴー宣の真骨頂であり、醍醐味を味あわせていただ

きました。

と言いますのは、安全保障や歴史認識、中東や原発の問題

などと比べると、今回のテーマは、一見地味だったり、

小さい問題に見えるかもしれませんが、このように私達の

すぐそばにある問題や病巣、それにともなう「バランス感覚」

こそが、そういう大きな問題に直結していくことになると

思いますから、こういうところから、自分の身に引きつけて、

しっかり考えておかないといけないと思います。

私は現在、これから年頃にさしかかろうとしている娘の

子育て中なので、川崎の事件も、今回の千葉の事件も、

注視せざるをえませんでしたし、報道を見聞きしながら、

私なりに考えてきたつもりでいました。

でも、千葉の事件を、今回のゴー宣のような切り口で考えた

ことがありませんでしたので、正直言いましてものすごく

吃驚したのですが、自分の子育ての現場と照らし合わせて

考えてみても、本当に書かれてあるとおりだと思いました。

この4月に小学6年生になった娘には、PCもスマホも

携帯電話も持たせていませんが、娘の周りで携帯やスマホを

持っているお子さんは、だいたい通塾がきっかけとなって

いるようです。

塾は帰りが夜遅くなったりするので、言ってみれば安全の

ために親が持たせたということになりますが、そういう安全は

得られても(本当にそうなのか疑問はありますが)、

まだ常識や、自分を守る術を身につけられていない状態で、

SNSをはじめとする、ネットという危険な世界の入り口に

足を踏み入れることにもなるのだと、あらためて考えさせ

られました。

まさに、よしりん先生のおっしゃるバランス感覚を、

大人、親が問われているということになりますね。

・・・・・・・・・・・・・

人間は個体では育たないし、共同体に育まれます。

その共同体も、国ごとに、地域ごとに、宗教ごとに、違う

常識を有していますが、歴史性に根差した常識なら、問題は

ないのです。

歴史性から遊離した共同体がSNSにはインスタントに造られ

ますから、その中には「ヘイトあり」「殺人もあり」という

非常識だって通用してしまうカルト世界が出来上がって

しまう場合もあるのです。

今後は「インスタント・カルト」と名付けると、

分かり易いと思います。

 

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ