ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.5.11 03:56

黒木華という女優の凄さについて


「天皇の料理番」の黒木華がすごすぎる!

可愛すぎる!感動する!泣いてしまう!

ああいう役は普通なら、男に従順な女というフェミニズム

からの批判を受けそうな役柄なのだが、黒木華はそんな

短絡的、紋切り型の批判を受け付けない女の主体性を、

どうしても感じさせる光を放っている。

その主体性があるから美しいし、可愛いし、愛おしい。

あの愛おしさは本当に危ない!惚れてしまう。

あんな女は理想だと感動する。

 

時代はまだまだ明治だし、大家族制度と男尊女卑の因習が

強く残る背景があったはずだが、男に惚れた女の強さが

見事に発揮される脚本の上手さも見事だと褒めたい。

 

だがわしは思うのだが、あの初々しい妻の役を柴咲コウ

(好きな女優だが)のような目の大きな洋風の顔で演じたら、

嘘っぽくなったかもしれない。

黒木華が目が小さいのがまたあの役柄に合っている。

表面的には自己主張の強さが全然見えないのに、惚れた男の

夢を信じられるなら、エゴを封印できる女の一途さ・強さが

見事に表現されていて、美しい。

 

夢だけ追いかける夫からの出世の手紙を読みながら喜びが

込み上げ、最後の言葉に「ジュテームって何?」と反応する

黒木華のいじらしい演技に、もう涙が込み上げて嗚咽しそうな

ほど感動してしまった。

 

目の小さな女優と言えば、田中裕子だが、こっちも朝ドラの

「まれ」で見事な演技を披露している。

だが、田中裕子と言えばやはり「天城越え」で、黒木華とは

違う女の「恐さ」が原型にあると思う。

現在の胆が据わり切ったあの演技は、黒木華とはまた違う凄み

なのだ。

 

黒木華と田中裕子を比較して観察する楽しみもあるので、

黒木華が今後どんな女優になっていくか、注目していこう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

特別回

特別回 令和3年 3/14 SUN
13:00

テーマ: オドレら正気か?関西LIVE「コロナ全体主義をぶっ飛ばせ!」

INFORMATIONお知らせ