ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.5.15 03:43

戦争法案はレッテル貼りではない!


安倍政権の「戦争法案」が閣議決定された。

「戦争法案」はレッテル貼りだと言うが、お世辞でも

「平和安全法案」なんて言えない。

 

地球の裏側まで自衛隊が出かけて、武器使用が緩和される

のだから、武力衝突が起こるリスクは高くなった。

同盟国への攻撃は日本への攻撃と見做して戦うというの

なら、戦争のリスクは増大した。

同盟国の戦争の後方支援として、武器弾薬人員を供給する

兵站の役目を担うのなら、完全に「戦争法案」である。

野党は堂々と「戦争法案」という言葉を多用すべきである。

 

安倍首相は、「もはや一国で自国の安全を守れる時代では

ない」と言うが、それは主観的な考えに過ぎない。

自衛隊だけでは日本は守れないと、自衛隊を侮辱している

だけで、わしは個別的自衛権の強化で守れると思うし、

堂々と国民を説得して憲法改正に持ち込み、「基本的に

自国の防衛は自国で貫徹する」という国家の体制を完成

させるべきだと考える。

 

北朝鮮のノドンミサイルの脅威は、間もなく来る朝鮮有事の

際は、避けられないリスクであって、米軍基地と原発が

どっちみち狙われる。

これは米軍でも防げない。

米軍が日本へのミサイル攻撃を防ぐために、敵基地を

先制攻撃するようなことは、まずあり得ない。

 

では尖閣諸島を中国の侵略から米軍が守ってくれるかと

言えばそれも怪しく、米国は未だに尖閣諸島を日本の「領土」

だと認めていない。

どっちみち自衛隊が守るしかないのだから、

個別的自衛権の強化が必要である。

 

安倍首相が「米国の戦争に巻き込まれることは絶対にない」

と言っても、「放射能の汚染水は完全にコントロールされて

いる」と大嘘を平然と言い放つ人間なので、絶対に信用する

わけにはいかない。

日本は「人治主義」の国ではなく、「法治主義」の国なの

だから、法律で明確に「歯止め」をかける他なく、

現状では政府の裁量次第の「切れ目なく、歯止めない」

戦争法案にしかなっていない。

 

どうせ国会でも数の論理で押し切られるだけで、日本の

属国化はますます進んでいくだけだ。

9条で国が守れるなどと寝言を言ってる愚民が多すぎる

から、このように国民主権が消滅する事態になったのだ。

右から左までヘタレばっかりである!

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ