ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2015.5.22 15:06

思わず、ビビッて、、、

門弟の方々のメーリングリストで、

「ゴー宣ネット道場」なのに

最近は小林先生ばかりで

他の師範方の投稿が少ない、

とのご指摘がありました。

 

ので、ビビッて投稿しています。

ゴー宣道場といえども、小林先生のブログを

みな期待しているのだと思いますし、

私がどうでもいいことを

つらつら書くのもなあと

ちょっと遠慮気味なのも事実です。

 

それに、とにかく仕事以外で

パソコンに向かうのを極力避けてしまいます。

身体を動かすほうが性に合っているのに、

なんで物書きなどというデスクワークに

なったのか・・・。

 

・・・以上は言い訳です。

 

私は今、月末の締切に向けて

ずっと机に向かっています。

今日は佐川急便のおねえさんに言った

「ごくろうさま」と、

コンビニで言った「これください」しか、

声を発していません。

 

ずっと机に向かっていると、

しょっちゅう集中力が途切れます。

そんなとき、私は無心で料理を作るか、

無心で手芸をやります。

もともと手芸なんて女子力高い人が

やるもんでしょ、と思っていましたが、

機会があってやり始めたら、ハマるハマる!

ここで集中力を取り戻し、その勢いで

また机に向かう、ということの繰返しです。

 

で、いまは何の手芸をしているかというと、

はじめての「靴下パンダ」に挑戦中。

試作品なので、夫の使い古しの靴下を使用。

はかどりまして、あとは目を縫うだけです。

いまはマチ針でとめています)

 
仕事もこれだけはかどったらなあ。

いずれパンダグッズをもっと開発して

販売してしまおうかと野望妄想中です。

 

という、本当にどうでもいい投稿を、取り急ぎ。

 

 

 

 

笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ