ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.5.24 04:54メディア

沖縄の「朝ナマ」について


沖縄問題に関連する本を読んでいる。

金曜深夜の「朝まで生テレビ」に備えるためだ。

宮台真司の「これが沖縄の生きる道」ももう一度、読み返そう。

 

「朝ナマ」に出演するパネリストの一覧を見たが、知らない人

もいるし、バラバラな主張をして、結局合意点も見つけられず、

価値相対主義で終わるかもしれない。

 

だがそれでも沖縄まで行って議論に参加しなければならないと

思ったのは、『沖縄論』発売から10年が経ち、辺野古問題の

再燃と、安保法制(戦争法案)の国会審議入りという、

日本の安全保障体制の激変を眼前にして、逃げるわけには

いかないと思ったからだ。

戦うべきときに、戦う場所を用意されて、逃げていては、

あとで文句言う資格もなくなる。

 

『沖縄論』は本土よりも沖縄でベストセラーになって、

多くの沖縄の若者も読んでくれた。

沖縄マスコミはわしを敵視して、バッシングを繰り広げたが、

シンポジウムには1500人の聴衆で満員になった。

そのとき、わしに対抗して行われた左翼のシンポには、

100人程度しか来てなかった。

 

『沖縄論』は大学生も読んでくれて感想を送ってくれたが、

「ヤマトンチューに沖縄のことを教えられるなんて」と

いう感想が結構あった。

沖縄県民も、沖縄のことを知らない者は多い。

あの頃の学生も今は30代前後になるだろう。

わしが沖縄のことを忘れてないということを証明しなければ

ならない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ