ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.5.25 23:38政治

翁長知事は振興資金はもういらないと言うべきだ


「沖縄の不都合な真実」(新潮新書)、実に面白かった。

突然わしの名が出て来て驚いたが、この本の主張には賛成である。

 

沖縄では最近、基地問題は本土の「構造的差別」といういじけた

言い方が流行らしい。

ニュースで見たが、沖縄の集会で、佐藤優も本土による沖縄への

「差別」が基地問題の原因と言っていたが、もうすっかり沖縄の

支配層に組み込まれてしまっている。

 

だったら「辺野古基金」の寄付金はなぜ沖縄より本土からの方が

多いのだ?

アメリカに訴えて基地問題を解決するために資金がいると、

「辺野古基金」を作り、純朴な宮崎駿まで巻き込んでおいて、

ヤマトンチューの「差別」と言い募るのは失礼じゃないか!

 

どうせ「カネで解決ぶぁいやいやい」とはいかない問題だが、

結局最後は日本国民の税金の無駄づかいで決着となったら、

本当に怒るぞ!

翁長知事は「もう振興資金はいらないから、普天間も辺野古も

なくせ!」と政府に本気で言え!

 

「イモ・ハダシ論」に怯えることなく、もう二度とカネで

誤魔化されることはないという意見を「県民の総意」にしろ!

 

しかし週末は朝まで起きてなきゃならないのに、今日も7時に

起きてしまった。

早寝早起きのリズムをどこかで崩さねば!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ