ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.5.26 03:57メディア

自称保守の知性劣化は底なしである


思った通りWiLLの巻頭特集が安倍首相の米議会演説で、

金美齢が書いてるらしいが、これが爆笑モノのタイトルで、

「教科書に載せるべき歴史的名演説だ」という。

まったく馬鹿丸出しだ。

自称保守・親米ポチはこの程度の知性しかない。

 

安倍くんが言った「日本にとってアメリカとの出会いは

民主主義との出会い」なんて、歴史教科書に載せられちゃ

たまったものじゃない。

歴史的事実として、完全に間違いだからだ!

 

金美齢も自称保守派も、日本における民主主義の萌芽は

いつのことかを知らないのだ。

そしてルソーがどのような経緯で日本に輸入され、

誰によって拡げられ、どのように自由民権運動に利用され

たかも、当然知らないはずだ。

 

日本にとってアメリカとの出会いは、砲艦外交である!

不平等条約である!

だからNHK大河「花燃ゆ」で久坂玄瑞ら松下村塾の者

たちが、「破約攘夷」と叫んでるじゃないか!

金美齢も自称保守派も、「花燃ゆ」を見てないのか?

「攘夷」の意味がわからんのか?

 

どうせ安倍首相も、金美齢も自称保守派も、「攘夷」では

なく、「従夷」(夷狄に従う)だから、あのドラマを見ても、

わけがわからんのだろう。

 単なる安倍首相の「ヨイショ」が保守だと思い込んでる

阿呆なくそジジイ・くそババアが多すぎる!

「日本にとってアメリカとの出会いは、砲艦外交でした。」

「不平等条約でした。」

「日本が欧米列強から学んだものは帝国主義だったのです!」

米議会でそう真実が言えたら、教科書に載せてもいいがな。

しかし、自称保守派・親米ポチ派の知性の劣化は留まる所を

知らない。恐らく白痴になるまで堕ちるだろう。

 

なお、日本における民主主義の萌芽と受容が、いつ、

誰によってなされ、どのような経緯を辿ったのかは、

『大東亜論』で描いていくことになる。

これさえ読んでいれば、本物の知性が入手できる。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ