ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2015.6.1 01:30政治・経済

独立国家の精神喪失が真の問題

大反響!「朝まで生テレビ」
の感想をまたご紹介します!


 本当に久しぶりに朝生を見ましたが、
小林先生が森本氏・山本両氏に切腹を
言い渡した時は最高に痛快でした。

 「ウィグル・チベットのようになるぞ」と
番組に意見があったようですが、
今の状況こそまさにアメリカによるソフトな
「ウィグル・チベット」状態なのでは?と思いました。

 その中で百万語を尽くして自国が
主権国家になれない理由を、滔々と話し続ける
山本一太議員は、宗主国の番頭にしか見えませんでしたね。

 「戦争を経験した世代」がどんどんいなくなってしまう事が
問題視されていますが、もしかすると本当に問題なのは、
「独立国家であった日本を経験した世代」の
政治家や国民がいなくなってしまう事ではないのでしょうか。

 産まれたときから実質被占領国で、独立国家の国民としての
当たり前の感性さえも通用しなくなっている中で、
私も小林先生の『大東亜論』『新・戦争論』に
叱られたりしながらも思考&試行し続けようと決意を新たにしました。
 
 ところで田原氏は小林先生に多めに議論を
振ってくれてよかったのですが、番組中に、論争相手ならともかく、
スタッフにイラついて怒鳴るのは色んな意味で
ヤバいんじゃないですかね。年も年ですし・・・。前からでしたっけ。

  (久米さん)


田原氏が「こんなところでCM入れるな!」
とかスタッフを怒鳴るのは、前からです。
スタッフも完全に慣れてるんじゃないですかね?

それはそうと、ネトウヨや自称保守連中って、
「インドネシアは350年に及んだ
オランダの植民統治によって、
自分たちは決して宗主国にはかなわないし、
独立など望むこともできないと思い込んでいたが、
日本軍がオランダ軍をたった9日間で撃破したことで、
民族独立の意識を取り戻した」
とか、誇らしげに言ってましたよね?
(間違いなく、『戦争論』の受け売りで)

そんなことを偉そうに言う人たちが、
たった70年間で、
植民統治下のインドネシア人と
全く同じ精神になっており、
しかもそれを自ら進んで強化させ、
日本は独立国家になれないのだと
言いまくって何の矛盾も感じない
というのは、一体どういうことなのでしょう?

やっぱり被占領国意識に
骨の髄まで冒された人には、
一切の理屈は通じないのでしょうね・・・。

トッキー

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ