ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.6.2 01:00政治

攘夷とは自主独立の精神のことである


NHK大河「花燃ゆ」の攘夷決行の話が面白い。

久坂玄瑞が攘夷戦で夷狄に敗れて、高杉晋作が奇兵隊を作る。

国民皆兵の理論がここに現れ、百姓たちが武士と共に戦える

ことに感激する。

国民皆兵こそが四民平等の思想だからである。

 

しかし幕末の攘夷の精神は今やすっかり消え失せた感がある。

明治の開国も攘夷のためだったのだが、大東亜戦争で

アングロサクソンに敗北してから、自主独立の精神までなくし、

とうとう日本は従夷になってしまった。

 

自国に夷狄の基地があることにも、自国の制空権を夷狄に

制圧されていることにも、気づきもしないで、怒りもしない。

国家主権が奪われているということが、どういう意味を持つ

のかすら、この国の民は分からぬほど頽落してしまった。

 

近代国家が覇を競う時代は、今後も続くし、それが世界である。

反戦平和のサヨクを嗤って侮るのは、もう誰にでもできる時代

になった。

問題は自主独立の精神、攘夷の精神を失った自称保守であり、

圧倒的多数の大衆である。

 

個人は社会が恐くても親から独立して戦わねばならない。

ニートでいるわけにはいかない。

国家とて同じである。

一身独立して、一国独立す。

今のところ「国家」を乗り越える思想はない。

 

沖縄の米軍基地がいらなくなるのは、中国が民主化された

ときなどとほざく無知な奴がいるが、そのときは中国に

本物のナショナリズムが勃興するときで、もっと恐ろしい

事態が待ち受けているだろう。

民主主義が平和の思想とでも思っているのだろうか?

 

中国がいくら怖くても、ロシアがいかに怖くても、喪失した

国家主権を取り戻し、外交のフリーハンドを得なければ、

日本という国家は一身独立した国民を育てることもできず、

大国のエゴの暴風に左右されるばかりの凧のようなもの。

 

今こそ攘夷の精神(自主独立の精神)が必要なのだが、

「花燃ゆ」の視聴率は苦戦のようだ。

面白くなってきたところなのだが。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ