ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.6.4 03:14政治

中国恐怖法案のキモ


武力攻撃発生事態、武力攻撃切迫事態、武力攻撃予測事態、

あるいは重要影響事態、存立危機事態、国際平和共同対処事態

・・なんて言われて分かる奴がいるのか?

 

いくら分かりやすく説明する文章を書いても、それでも読者に

とっては煩雑で読む気が起きない文章になるだろう。

国民が分かるはずがない。

 

要するに、「中国があまりに恐いから、アメリカに守ってほしい

ゆえに、地球の裏側までアメリカの後方支援をしたい」という

のが本音なんだから、その恐怖心を安倍首相が泣きながら

国民に訴えるしかないのではないか?

 

恐いんです!中国が恐いんです!

東南アジア諸国も恐がってます。

この恐怖は憲法改正しても消えません。

アメリカに頼ることでしか、この恐怖を消せる方法はないんです!

いっそアメリカの51番目の州になりませんか?

国民のみなさん、アメリカと枕営業してよかですか――――?

 

安倍首相がこう絶叫すれば、ネトウヨが万雷の拍手で

8888888888888888・・・と書き込んでくれる。

そして国民も恐怖心に駆られて、賛成99%でしょう。

 

すべては中国への恐怖心から出発した安保法制である。

中国もパワハラを止めればいいのに、罪なことをするねえ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ